押さえておこう!印刷会社との付き合い方のポイント

f:id:hitokoburakuda2012:20151218115721j:plain

印刷物の発注は決まった印刷会社にしていますか?その会社とはどのくらいの年月付き合っているでしょうか?ずっと同じ印刷会社に頼んでいる場合、一度はこのまま同じ印刷会社でよいのかという検討を行うことをオススメします。

この記事では、印刷会社と上手に付き合っていくポイントをご紹介していきます。

現在、印刷環境もかなり変わり、印刷に関してのコストも大きく変わってきています。一時期紙の値段は驚くほど跳ね上がりました。2015年に入り、多少の落ち着きが見られるようになりましたが、紙の値段を高値のまま設定している印刷会社も少なくありません。

これは紙の値段は、石油やパルプ等原材料の値段に加え、運送料の値段などにも左右されるので安定性が低いことからあらかじめ高めの基準をしておくことで、そのような際にも急に値を上げずに済むという視点からなのです。

もちろん印刷会社の事情も考慮しなくてはいけませんが、クライアント側から考えると、少しでも安いときには安く印刷したいものです。一度、印刷会社に紙の値段の情勢を尋ねてみてはいかがでしょうか?

インターネットを使用すると、紙の値段の移り変わりなどあっという間に調べることができます。それと、印刷会社の回答を照らし合わせると、おのずとその印刷会社が誠実な会社かどうか判断できるのではないでしょうか?

また、インキも同様です。インキも石油が原材料ですので、原油価格などに大きく影響されます。細かな値段を印刷会社に聞いてみましょう。安くならないとしても、それなりに納得する理由(たとえば、価格が高騰した時にも同じ値段で印刷するなど)があればよいですが、納得できない場合は印刷会社の変更も検討しましょう。

また、営業担当の知識、対応も重要なポイントとなってきます。営業はその会社の顔です。印刷会社を選ぶにあたって、最重要チェックポイントは営業と言えるでしょう。

なかには、印刷知識をほとんど持たずに営業活動を行っている営業マンもいますので注意が必要です。たとえば特殊な加工のある印刷物を現場に確認もせずに「できます!」と言い切る営業マンの場合はちょっと注意した方が良いでしょう。

他にも、仕事を受注するときのみ営業マンが担当し、後の作業はすべて生産現場の担当者に丸投げしてしまう営業マンもあまり良い営業マンとは言えません。

クライアントと、生産現場の担当者が直接やり取りすることは、意思の疎通の上でも必要なことですが、そこに営業も立ち会い、3者間で意志の統一を行うということも印刷物のトラブルを防ぐことにもつながるのです。

また、新しい印刷物を提案してくる営業マンは期待してもよいかもしれません。受注があった時だけ連絡のやり取りをする営業マンよりも、定期的に新しい技術や、印刷物の提案、印刷物の効果の確認などを行う営業マンとその印刷会社は意欲的で向上心のある会社といえるのです。

そして、軽微な印刷物や、1回きりで再版するつもりのないチラシなどは格安のネット印刷会社を利用するのも効果的でしょう。印刷物によって印刷会社を分けて使用することは、コストを下げる面においてとても重要なことと言えます。

これらのことを参考に、ご自身にあった印刷会社を選び付き合っていくことが重要となってきます。とりあえず、今の印刷会社の営業に何か一つ印刷に関することを聞いてみてください。その返答によっては次の印刷会社を探した方が良いかもしれません。