日本だけ?文章の縦書きと横書きどっちが読みやすい?

f:id:hitokoburakuda2012:20151217130229j:plain

世界において、日本語の文章はとても複雑だと言われています。世界中の多くの国において、文章は、縦書き、横書きのどちらかが主流となっていて、日本のように、縦書きも横書きも同等に使用するような国は珍しいと言えるのです。

現在日本語の文章を表現するときに、左からの横書きと右からの縦書きがありますが、昔は右からの横書きや、下から上に読む読み方なども存在していました。

そもそも、日本に文字が入ってきた当初は、縦書き専用である漢字が使用されていました。そのため日本でも当然のように縦書きの漢字が採用されたのです。その後、日本独自の仮名やカタカナが産まれましたが縦書きのままでした。

日本最古の横書きを記したのは空海と言われています。しかし、空海以降しばらく横書きは存在しませんでした。その後、江戸時代に入り、欧米の文化が日本に取り入れられるようになってから、横書きの文字が出てくるようになりました。明治、大正時代に入り、日本語の横書きが表記されるようになってきたのです。

その後、欧文やアラビア数字などと日本語組み合わせて表記する機会も増えたため、横書きの文章が一般に広く使用されるようになりました。しかし、縦書きが廃れたということは決してなく、日本語は縦書き、横書き双方で表示されることがある意味当たり前となっていったのです。

日本語の小説など書籍は今まで、主に縦書きが主流となっていました。アラビア数字やアルファベットを使用する際は、文字を横に倒したり、連文字を使用したりして対応をしていたのです。

しかし、近年、若者を中心に携帯小説電子書籍などが流行したことなどにより、小説も横書きで表記されることも増えてきました。実際若者向けの小説などは横書きで出版されているものも多くあるのです。

では、縦書きと横書き、いったいどちらが読みやすいのでしょうか?

一般には、日本語のなかでも主に漢字を多用した文章メインの印刷物は縦書きの方が読みやすいと感じることが多いようです。そのため、小説や詩集、エッセイや雑誌などは縦書きのものが多いといえます。

逆に、数学や理科、社会の教科書や報告書、チラシなど、日本語に加え、アラビア数字や欧文が文章に組み込まれることが多い文章を使用している場合は、横書きの方が理解しやすいと言われています。

また、レイアウトを組んだ際に、横書きの方が縦書きよりもより多くの文字数を入れ込むことができます。これは、視覚の問題でもあるのですが、同じ文字数を同じ行間で入れると、縦書きの場合、行と行が近づきすぎて、縦書きなのか、横書きなのかよく分からなくなってしまうことがあるのです。

そのため、報告書や研究レポートのような多くの文章を入れ込む必要がある場合は、横書きを採用されるということもあります。

また、フォントによっても縦書きと横書きでは見え方が異なるものがあります。たとえば、ゴシック体や明朝体ではどちらでもそこまで違和感をありませんが、行書体や筆文字などになると、横書きの文章が続くと読みづらさや違和感を感じることがあります。

これは、日本人が古くから毛筆は縦書きや短い横書きであるというイメージを持っているためと言えるでしょう。

このように、縦書き、横書きともに適した文章や印刷物があります。どちらも日本独自の文化ですので、縦書きも横書きも両方とも大切にしていかなくてはいけないでしょう。