印刷の新しい入稿形式!PDF入稿の注意点をご紹介

f:id:hitokoburakuda2012:20151215131124j:plain

最近、印刷会社にデータ入稿をする際、「PDF形式での入稿は可能ですか?」ときかれることがあります。

PDF形式ファイルは、特定のOS、ソフトウェア、ハードウェアに依存することなく、文書や画像を閲覧・印刷することが可能で、大変便利なファイルで急速に普及していっているのです。

印刷業界でも同様で、近年では印刷用ポストスプリクトデータ(PSデータ)をRIPにてPDFデータに変換してCTP出力・オンデマンド印刷へと繋げることが多くなってきています。

PDFデータで入稿される場合、印刷会社にてPSデータを作成する必要がなくなりますし、適切なPDFファイル形式で保存されている場合は、データのチェックもより簡単なものになるため、データ入稿時の不具合を防ぎやすくなっています。

また、イラストレータなどのデータで入稿する場合は、そのファイルで使用されている画像も一緒に渡す必要がある場合が多いのですが、PDFデータの場合は印刷用のPDFデータさえ入稿すれば問題ありません。

データ入稿時の容量を軽くすることもできますし、ファイルの取り間違いなどのトラブル防止にもつながります。

しかし、PDFファイルで入稿する際は、適切な保存方法で、保存する必要があります。PDFファイルは編集・変更には不向きですので、適切な形式で保存されていない場合は、再入稿が必要など、手間がかかる場合もあります。

この記事ではPDF形式での入稿における注意点をご紹介していきます。

まず、単純にPDF保存といっても、その形式は様々あります。Web使用に適したものから、通常の家庭用プリンタに適したもの、そして、印刷に適したものなど、多数です。この中から、確実に印刷に適した形式を選びましょう。

一般に、印刷に適した形式はPDF/X形式とよばれるものです。PDF/X形式は、画像や、フォント、罫線などのレイアウト情報の運用を制限しています。ISOに認定された標準規格の1つとなっています。

その中で、最も印刷会社で利用されているのが、PDF/X1-aという規格です。この形式で保存されていれば、ほとんどの場合、印刷に対応することができます。

そして、フォントは必ず埋め込み設定なっていることを確認しましょう。フォントが埋め込み設定なっていない場合、印刷会社にそのフォントが無ければ、フォントが化けた状態のPDFで表示・印刷されてしまいますので注意が必要です。

作成したPDFファイルが問題なく保存されているかどうか、必ず再チェックすることも忘れてはいけません。チェック方法は、PDFファイルを開いて、プロパティを見てみましょう。プロパティのPDFのバージョンが1.3以上であることをまず確認してください。

そして、フォント欄を見てみましょう。このフォント欄に表示されているフォントのすべてに(埋め込みサブセット)と表示されていれば問題ありません。表示されていない場合は、他のパソコンなどで閲覧・印刷した時にフォントが化ける可能性があるので入稿データには適していないということになります。

この2点のチェックをしたら、印刷会社へ入稿しましょう。印刷会社では、同様のチェックの他、画像の解像度や、透明効果などの特殊効果がおかしくなっていないか、色は問題ないかなどのチェックも行っています。

PDFデータが印刷に適さない場合に、適したファイルに修正してくれる印刷会社と、そうではない印刷会社がありますので、データ入稿前に、どこまで修正に対応してくれるのかを確認しておくことも重要なポイントとなってきます。