解像度だけじゃない?線数でも印刷のキレイさが変わります!

f:id:hitokoburakuda2012:20151215130842j:plain

印刷で必要な画像解像度はカラー画像で350dpi~1200dpi、2諧調(白黒)画像で600dpi~1200dpiと言われています。この解像度が足りない場合、いくらCTPの出力解像度が高くても、画像解像度以上の精度で表現することはできません。

しかし、出力解像度が実は印刷にはもっとも重要な解像度といえます。

CTPで印刷用のプレートを出力する際、作成したデータをRIP(Raster Image Processor)にかけ、CTPの出力解像度に合わせた点の集合体のビットマップ画像に変換します。その時の点で画像を表す精度が、出力解像度となるのですが、これは印刷線数という言葉で表現されます。

印刷線数が高ければ高いほど画像を表す一つの点が小さくなり、より精密に絵柄を表現することができ、これは「lpi」(line per inch)の単位であらわされています。つまり、200線であれば、1インチの中に200個の点で表現されているということになるのです。

この点のことをハーフトーンセルといいます。ドットは小さな四角ですが、ハーフトーンセルは丸円です。この丸円は線数が低いほどハーフトーンセル同士のアキが広くなり、印刷物は粗く表現され、線数が高いほど、よりアキが狭くなるので印刷物は高精細なものになります。

印刷時に使用される線数は現在では下記のように分類されています。

・更紙など(新聞など):単色印刷→60~80線
・上質紙など(書籍・雑誌・帳票類など):単色~2色印刷→100~150線
・コート紙・アート紙など(カタログやポスターなど):多色~カラー印刷→150~200線

線数が高ければ高いほど高精細になるのなら、すべての印刷物が200線でもいいのでは?とお思いの方もいらっしゃるでしょう。実は、この線数は紙と深くかかわっているのです。

紙によって、インキの吸収量が異なります。新聞で使用されるような更紙では、インキを特に吸収しやすいため、200線など、高精度で印刷してしまうと、1つ1つの点の位置が近くなり、にじんで点同士が接近しすぎてしまい、印刷後の仕上がりがつぶれたような汚いものになってしまいます。

そのため、わざと線数(出力解像度)を落とす必要があるのです。紙にはそれぞれ適した
線数があり、その線数で印刷することによって、ベストな仕上がりへと近づくでしょう。

また、一般に、2諧調以外の画像の場合、画像解像度は出力解像度の2倍程度必要だと言われています。そのため、175線で印刷する場合は350dpi程度必要ということになるのです。

逆に言えば、それ以上の解像度でも出力解像度には影響を与えませんので、無駄に画像ファイルの容量が大きくなってしまうといったことになります。印刷用画像データを入稿する際には、適したサイズにしておくということも重要となってきます。

線数は印刷時に大きく関係してきますので、あまり、データ入稿時には関係ないように思うかもしれませんが、画像解像度と密接に関係してきますので、データ入稿前に、一度印刷会社に確認をしておくことをオススメします。