マンガや書籍、ノートなど…冊子の綴じられ方の3種類をご紹介

f:id:hitokoburakuda2012:20151208140517j:plain

普段読んでいる雑誌や、使用しているノートがどのように綴じられているかご存知ですか?

雑誌も書籍も漫画本も、ノートもすべて同じように綴じられているように思っている方も多いでしょうが、実はそうではありません。

紙をまとめて綴じて冊子状にする加工を一般に「製本」といいます。この製本の種類には様々なものがあるのです。この記事では、製本の代表的な種類と特徴についてご紹介します。

製本には、大まかに分けて、「上製本」「並製本」「簡易製本」の3つがあります。

上製本はしっかりと綴じられているので高級感があります
上製本とは、まとめた紙の背の部分を糸で綴じていく製本方法です。非常に丈夫な仕上がりとなります。詩集や画集をはじめ、辞書、書籍、価値の高い資料集などにも使用され、表紙には厚い芯紙が挟み込まれています。

そのため、「ハードカバー」とも呼ばれています。高級感があり、ずっしりと重たい感じがするのも特徴です。

並製本には様々な種類があり、商品に合った綴じ方を行うことができます
並製本には、様々な種類の綴じ方があります。一般でよく見る雑誌、文庫本や漫画本、ノート、メモ帳などにも使用されています。

ここでは代表的な並製本の綴じ加工について3つご説明しましょう。

○中綴じ加工
まとめた紙を二つ折りにし、中心を綴じて製本する綴じ加工です。綴じるものは糸であったり、針金や糊であったりと様々ですが、どれも入れることはあまり厚い物には向いていないということでしょう。

○アジロ綴じ・無線綴じ
まとめた紙の背の部分に糊を付け製本する綴じ加工です。糊が付くことによって強度も増します。アジロ綴じは背の部分に切り込みを入れて糊を浸透させて綴じます。無線綴じは紙と紙の間の部分から糊を浸透させて綴じる方法です。

○平綴じ
まとめた紙の片方の端の部分を糸などで縫い合わせて綴じていく加工のことをいいます。しっかりと綴じるのでその強度は、中綴じや無線綴じの非ではありません。

しかし、片方の端を完全に綴じてしまいますので、開いたときに、視えない部分というのが出てきます。その部分に絵柄や文字などがある場合は、絵柄が切れたり、文字が読めなくなったりということが起こりますので注意が必要です。

●ルーズリーフなどは簡易製本となります
簡易製本とは文字通り、簡単な製本加工を行っている製品のことです。まとめた紙の片方に穴をあけてリングで綴じたりするリング製本がこれにあたります。

リング製本では、一本の針金を穴に通してらせん状にまいていく、スパイラルリングと、半円の針金を二つに分解し、その部分に穴を通して製本するダブルリングという方法があります。

また、これ以外の製本加工として、インデックスを付けたりすることもできます。手帳やカタログなどによく使われており、まとめた紙の片端をカットし、段差を付けることによってより項目が分かり易くなっています。近年ではカットの形状も様々なものがありますので、より多様な印刷物に行われている加工の一つです。