分かりにくいようで分かりやすい!紙の厚さについて

f:id:hitokoburakuda2012:20151203142703j:plain

一万円札と、一般的なコピー用紙では、どちらが厚い紙かご存知ですか?

答えは一万円札になります。一万円札の厚さは0.10mm程度、コピー用紙の厚さは0.09mm程度です。たった0.01mmの差ではありますが、実際に触ってみると、その差はよく分かるでしょう。

紙の厚さについて意識をしている方は少ないのではないでしょうか?しかし、その用途によって紙の厚さはきちんと分けられているのです。

ペラペラのトレーシングペーパーも、ぶ厚い段ボールも同じ紙ですよね。紙と一口に言っても様々な種類があり、表面がつるつるした紙、ざらざらした紙、色が付いた紙などその数は数えきれないくらいのものでしょう。

その中から紙の種類を決めた後は、紙の厚さを決める必要があります。同じ紙質でも厚さが様々あるのです。そして、その厚さによって、印刷物の仕上がりはがらりと変わることでしょう。

紙の厚さは一般的に連量または米坪であらわされます。そして、日本の印刷会社では主に、連量で表示されることが多いです。

連量とは、一定のサイズの紙を1000枚重ね合わせた時の重さのことをいいます。この重さが重ければ重いほど、紙は厚いということになります。たとえば連量が55kgの紙の場合厚さは大体0.08mm程度です。一般のコピー用紙(上質70kg)が大体0.09mmくらいだといわれていますので、コピー用紙よりは薄い紙ということです。

ただし、紙の種類によって、若干厚さに異なりがありますので注意が必要となってきます。表面がつるつるのコート紙90kgの紙の厚さは0.10mmですが、コピー用紙などの上質紙90kgでは紙の厚さは0.13mmとなります。

そして、米坪とは1平方メートルあたりの重さ(g)になります。1m×1mの紙で重さをはかった時のグラム数で紙の厚さを表示しているのです。同じ面積で重くなればなるほど厚い紙ということになります。

では、いったいどのような紙がどのような印刷物に向いているのでしょうか?

紙は薄いと折れやすくなったり、破れやすくなったりその耐久性は下がります。だからと言って、すべての印刷物に厚い紙を使用すればよいというものでもありません。

例えば名刺をコピー用紙程度の厚さで作成する人はいませんよね?逆に5mmも6mmもある名刺だと名刺入れには入りませんし、渡された方も困ってしまうでしょう。それぞれの印刷物には適した紙の厚さがあります。これらについて説明していきましょう。

まずは、チラシです。一般的な折り込みチラシは、0.09mm~0.10mm程度の紙を使用して作成されています。あまり厚い紙だと新聞の折り込みセンターでは受け付けてくれない所もありますので注意しましょう。

手に持った感じもやわらかく、なじみがあります。また、読んだ後の処理も紙が薄い方がかさばらないので容易に行えます。

折り込み以外にちょっとしっかりしたチラシを作成したい場合などは、0.13mmぐらいまでの紙を使用すると良いでしょう。折り込みチラシより存在感がぐんと増すので、より印象的なチラシを作成する際に有効でしょう。

商品のパンフレットや会社案内はじっくりと手に取って読んでもらう方が良く、それにはもう少し厚みがある方が良いでしょう。0.10mmから0.19mm程度の紙を使用することがよいとされています。ポスターも耐久性を考えるとこれぐらいの厚さが必要と言われます。

また、ページ数の多い冊子などになると、紙が厚いと仕上がりが分厚くなるのでコピー用紙よりも薄い0.08mmが適当とされているようです。