便利だけどちょっと待って!ネット通販印刷での注意点

f:id:hitokoburakuda2012:20151203142359j:plain印刷の通販サイトはここ最近爆発的に増えてきました。通信技術の発展により、クライアントも印刷会社も選択肢が近隣だけではなく日本全国に広がったということで大変便利に、そして簡単に利用できるようになってきています。

クライアントは数多ある印刷会社から、発注したい製品に適した印刷会社を選ぶことができる要はなりましたが、その選ぶ基準を明確に持っていらっしゃる方は多くはないでしょう。この記事では、ネット通販印刷を利用するにあたっての注意点をご紹介していきます。

印刷通販サイトは、現在大きく分けて4種類の物に分かれているでしょう。まずは、総合的に印刷できるタイプの会社。もともと規模な大きな印刷会社がサイトを運営していて、オフセット印刷からオンデマンド印刷まで、種類も問わずあらゆるものが印刷できます。

次に、あらゆるものが印刷対応できますが、印刷技術がオフセットまたはオンデマンドに特化している会社です。そして、その中でも、名刺専門や、帳票専門、チラシ専門など、各専門分野に分かれている会社も存在します。

以上の4種類とは別に、自身は印刷技術を持たずに、入稿されたデータをその時空いている印刷会社へと発注するという仲介サービスのような会社もあります。ただし、この仲介サービスのような会社は、印刷会社が毎回異なるということを明記していない場合もありますので注意が必要です。

ネット通販印刷を利用するメリットとはなんでしょうか?

とにかく早い!安い!ということを売りにしている会社がほとんどです。最短で当日発注、当日発送なんていうところも最近では増えてきています。また、価格表がサイトに明記されていたり、発注したい商品内容を打ち込んでいくと、料金が自動で計算されるサイトが多いので、料金形態が明確で、見積もりをとる時間もなくて済むことも利点でしょう。

そして、その商品点数の多さには驚かされるのではないでしょうか?紙に印刷するだけでなく、ポケットティッシュなどのノベリティもできますし、CD、USB、のぼりなど、あらゆるものに印刷が可能です。インターネットで検索していると印刷できないものは無いんじゃないかという気さえしてきます。

では、ネット通販印刷に向いていない印刷物はあるのでしょうか?

ネット通販印刷は、速さと安さを売りにしていることが多いので、そのような会社では色の再現性の優先度は後まわしとなっていることも多いのです。そのため、色にシビアな印刷物はネット通販印刷は向いていないと言わざるを得ません。

もちろん、ネット通販印刷の中にも、色にこだわり、本紙で色の校正を行ってくれるところもあるにはありますが、多くのネット通販印刷ではこれらの校正には対応してくれませんので、色にこだわるなら、営業や現場と直接やり取りできる印刷会社を選ぶ方が無難でしょう。

そのような事情があるため、反復性のある印刷物もあまり向いているとは言えません。印刷機械は、その日の温度、湿度が違うだけで、印刷の色味が変わってしまいます。同じデータを入稿しても、常に同じ色にするということはとても技術のいることなのです。

初めて、ネット通販印刷を頼む場合は、まずはそのサイトを隅々までよく確認してみましょう。更新はこまかくされていますか?会社情報は詳しく掲載されていますか?会員数や印刷実績を確認してみることも大切です。

そして一度は何らかの質問のメールを送ってみましょう。この返信の速さ、回答の正確さで、その印刷会社が良い会社かどうかの判断基準にもなります。誠実な対応をしてくれる会社を選びましょう。