気を付けて!自分で画像加工をする際は基礎知識が必要です

f:id:hitokoburakuda2012:20151203141836j:plain

最近、プリントシール機を利用したことありますか?

現在のプリントシール機は、様々な機能が付き、その仕上がりに驚かされるでしょう。眼を大きくしたり、肌をきれいにしたり、体形をスリムにしたり、背景を変えたり…あらゆる事が画像をペンでタッチして指示するだけで可能となっているのです。

そして、それらのほとんどのことを、画像加工ソフトでは行うことができます。そのため、画像加工ソフトをご自身でお持ちの方は、ある程度の知識と経験があれば、写真の加工を自分で行って印刷会社へデータとして入稿することができます。

しかし、そのためには、印刷で使用する写真についての知識も必要となってきます。

まず、大前提として、CMYKでの入稿が望ましいでしょう。デジタルカメラで撮影された写真はRGB形式で保存されています。そのため、画像ソフトで写真データを開いたときは、まずCMYKに変換することをお勧めします。

RGB画像をCMYK画像に変換した際、色味が変わります。若干くすんだようになるのです。そのため、まずCMYKに画像を変換し、色の補正を行いましょう。RGBで撮影したままの色味が良い場合は、それに近づくように修正します。

ただ、いくらRGB画像の色が理想の色味だからと言って、そのまま入稿をするのはやめましょう。もちろん印刷会社でRGB画像をCMYKに変換してもらうことも可能ですが、写真データを加工してから入稿する場合の多くは、CMYKに変換されているものと判断して印刷用データを確認します。

印刷会社によっては、自動でRGBCMYKに変換するものもあるのです。そのため、画像を加工した状態でRGBのまま入稿された場合、加工部分も含めて印刷で色味が変わってしまうことが多々あります。

データの不備は確認作業などで手間取りますので、時間コストもより多くかかってしまいます。スムーズな作業の為にも、CMYK変換は忘れずに行いましょう。

次に保存形式についてですが、通常はAdobe対応の「eps」形式、「psd」形式が望ましいとされています。しかし、「jpg」形式や、「tiff」形式での保存でも対応はできますので、画像ソフトの中で適当なものを選びましょう。

最近では、スマートフォンのアプリを利用して簡単に画像を加工することが可能となってきています。では、これらの画像加工アプリで作成した画像は印刷に対応できるのでしょうか?

印刷に耐えられる解像度は基本的には使用したいサイズの状態で300dpi以上あることです。そのため、画像加工アプリで、解像度やサイズを指定できる場合は使用できるでしょう。

ただし、注意点があります。スマートフォンのアプリでは、カラーモードを変更できない場合も多々あります。基本的にはRGB形式で保存されているのです。そのため、カラーモードを変更できない場合は、印刷会社にそのことを伝え、色が多少変わってしまうことを覚悟しておかなければなりません。

もちろん、画像の修正、加工は印刷会社に依頼することも可能ですので、ご自分での加工に自信がない場合は、印刷会社にお願いしましょう。