複雑なデザインは要注意!トンボと塗足しを知っておこう

f:id:hitokoburakuda2012:20151127125718j:plain

せっかく印刷会社に頼むのだから、どうせなら印刷できるぎりぎりまで情報を詰め込んだり、凝ったデザインをしたい!と考えるのも当然ですよね。

でも、ちょっと待ってください!

複雑なデザインのものや、仕上がりサイズギリギリまで文字など情報が入っている場合、その部分が裁ち落されてしまう可能性もあります。実際に仕上がったものが、満足いくものにはならないかもしれません。

何故そのような事になるのかといいますと、印刷する際に多少のズレが生じてしまうからなのです。機械で印刷しても、1mm程度(印刷する機械と作業者の技術によってはもっと大きく)ズレてしまいます。それは、枚数が大きくなればなるほど、ズレ幅が大きくなります。

その後、断裁作業をするのですが、そのときは一番上にある印刷物を目安に切ります。そのため、どうしても仕上がった時にすべての印刷物の位置が全く同じというわけにはいきません。

そのため、多少ずれてもよいようなデザインにする必要があるのです。絶対に切れてはいけないような文字や絵柄は、仕上がりから3mm程度内側に配置しておくと安心でしょう。

印刷作業をする方や、仕上げの断裁作業をする方が、何を基準に位置を合わせているかというと、「トンボ」と呼ばれる目印です。トンボは、センタートンボと呼ばれるものと、角トンボと呼ばれるものがあります。

「センタートンボ」とは、仕上がりに対し、天地左右の中央を示すトンボで通常は十字形をしています。多色刷りの場合、各色このトンボ同士の位置を合わせて印刷するため、「見当トンボ」とも言われています。

「角トンボ」とは、印刷物の仕上がりサイズを示すもので、断裁の位置を表しています。仕上げの作業をする際は、このトンボを目安に断裁作業を行っているのです。そのため、「裁ちトンボ」とも呼ばれています。

このほかにも、折りの加工がある場合、折位置を指示する「折りトンボ」などもあります。印刷作業、仕上げの作業を行う方は、このトンボを基準に製品を作成しているのです。そのため、印刷用のデータや版下を入稿する際に、このトンボを付けて入稿する必要があります。

また、トンボの他に忘れてはならないのは「塗たし」です。仕上がり際まで印刷する絵柄や文字がある場合、この「塗たし」が大変重要になってきます。

通常の角トンボは、断裁用の仕上がりサイズの部分と、そこから3mmの部分の2カ所を示すように二重線となっているものが一般的です。内側が仕上がりサイズを示していて、外側が、塗たしトンボと呼ばれるトンボです。

つまり、仕上がりよりも3mmほど余分に絵柄を足しておくことによって、断裁などでズレたときに、印刷されていない部分が出ないようにするのです。こうすることにより、多少のズレがあったとしても、きれいに仕上げることができます。

データを入稿する際、AdobeIllustratorなどを使用する方が多いですが、Illustratorの場合は、トリムマークという機能があるので、そちらでトンボを付けることが可能です。

しかし、Microsoft Wordなど、仕上がりサイズでしかデータが作成できないものの場合は、印刷会社にトンボを付けてもらう必要があります。そのため、入稿の際は印刷会社によく確認をしましょう。

また、塗たしに関しては、ワードでは付けることができません。そのため、塗たしの必要ないデザインにするか、どうしても仕上がりまで絵柄を入れたい場合は、こちらも印刷会社に相談することが大切です。