STEP.4多すぎて迷っちゃう!印刷会社の選び方

f:id:hitokoburakuda2012:20151218123509j:plain

昔は印刷会社といえば、その地域に根差した企業であるところも多かったものです。近年では、インターネットを通じた印刷通販サイトが活況となり、全国どこからでも地域問わず印刷会社を探すことが可能となっています。

印刷会社の数は平成25年の時点では21,000以上もあるのです!その中から、ご自分の希望に沿った印刷会社を探すには一体どうしたらよいのでしょうか?

印刷会社には、それぞれの特色や強みがあります。短納期に対応できるところ、印刷物の品質に自信のあるところ、低料金で出来るところ、チラシ印刷が得意なところ、ポスティングなどプラスアルファなサービスもしてくれるところ、など様々です。

そして、対応できるサービスなども異なってくるのです。たとえば、4色印刷機を持っていない会社でカラー印刷はできませんし、ノボリや段ボールなどに印刷したい場合も特殊な印刷機械が必要なため、できる印刷会社は限られてきます。

また、紙質や、インキなども印刷会社によって対応できるバリエーションは異なります。加工作業も、穴をあけたりなどは大体どこの印刷会社でも対応してくれますが、複雑な組み立てや折りなどがある場合は、断られたりすることもあります。

まずは、作成する印刷物について何を一番重視するか考えてみましょう。

納期がタイトなので、納期を厳守したい!とても重要な宣伝媒体に使用するので商品の色の再現率を重視したい!ノボリに印刷したい!機械に通すので位置に正確な製品でないとダメ!とにかく安い料金がイイ!など、こだわっている部分から印刷会社を探すことが大切です。

そして、こだわっている部分のフレーズと印刷会社という文字をインターネットで検索してみることをオススメします。たとえば、「短納期 印刷会社」と検索すると、約160,000件ヒットします。そのうちの多くが、短納期を売りにする印刷会社のホームページへとつながっているのです。

そこから、次に重視する部分が合致する印刷会社を探していけばよいでしょう。そうして、希望事項でどんどん選んでいけば、ある程度の数まで絞ることができます。

その中から、印刷をお願いする会社を選ぶわけですが、出来るだけ近い場所に営業所や印刷工場をある会社を選ぶとよいでしょう。

現在は、入稿から納品まで、インターネット上でやりとりし、営業の顔さえ見ずに印刷物を仕上げることができます。しかし、印刷は非常にデリケートです。特に色味はその日その日の気温など、ちょっとした環境変化でも大きく異なってしまいます。

色味を人に伝えるということはとても難しいものです。人間の目はすべての人が同じように色を見たり感じたりできるようになっていません。人それぞれの感覚があるので、その微妙なニュアンスを伝えることはとても難儀な事なのです。

近場に営業所や印刷工場がある場合は、ほとんどの印刷会社で営業担当者が、実際に訪問し、直接顔を合わせながら打ち合わせを進めていくでしょう。印刷会社とクライアントの双方の意思疎通を図ることができます。

仕上がりがどのようになってもこだわりがないなら別ですが、そうでないならば、できるだけ営業と顔を合わせられるような印刷会社を選ぶことも重要なポイントといえるでしょう。