確認しておこう!印刷料金に含まれているものアレコレ

f:id:hitokoburakuda2012:20151218115356j:plain

クロスメディア」という言葉を聞いたことはありますか?

クロスメディアとは、ある一つの情報を、文字や音、あるいは電子文書など様々なメディア(表現媒体)を用いて表現することをいいます。

「マルチメディア」という言葉を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか?クロスメディア複数のメディアを用いて表現する事なら、マルチメディアと同じではないかと思われた方もいらっしゃるでしょう。

この2つはよく似てはいますが、クロスメディアは、様々な表現媒体を駆使してより一層効果的な伝達(つまり広報・宣伝等)を行うという積極的な意味合いを持っています。その点で置いて、マルチメディアと区別されているのです。よく「マルチメディアは加算的なメディア活用法であり、クロスメディアは乗算的なメディア活用方法である」と言われています。

ある一つの情報でも、複数の表現媒体(メディア)によって伝達することで、それぞれが持つ長所と短所を補い合い相乗効果を得られるようになるでしょう。

例えば赤い靴のチラシを作成する場合で考えてみましょう。まず、折り込み用チラシを作成します。そのチラシを作成する際に、Webサイトへ誘導するQRコードや、メールクーポンの案内などを記載しておきます。これにより、興味を持った人がチラシを見てインターネットにアクセスをするでしょう。

この流れが紙というメディアからインターネットというメディアへとつながるクロスメディア構造というわけです。たとえば、インターネット上で、クーポンを得るために、動画を閲覧する必要があるよう設定しておけば、その動画で赤い靴の実際の使用感などCMを流すことも可能で、映像へのクロスメディア構造へとつながります。

このような流れを作成することにより、通常の紙媒体だけでは表現しきれない実際の使用感や質感、様々な角度から赤い靴を確認することもできるなど、よりリアルな情報を消費者に伝えることができるようになるのです。

また、一時期はやった、テレビCMで不特定多数の人に宣伝を行う際に「続きはWebで!」などのフレーズもクロスメディア構造といえるでしょう。

テレビCMで興味を持った人がWebにアクセスし、その中から更に商品について興味を持つ人が一握り現れ、そこにWeb購入へのリンクなどを貼っておけば、その中の一部の人が商品を購入します。

紙媒体やテレビCMからインターネットサイトへ誘導することについての利点は、インターネットのサイトだと、アクセス解析が行いやすいということがあるのです。

いったいどこからこのサイトへ来たのか、このサイトから次はどこのサイトへ行ったのか、CM動画は何回再生されたのか、どのようなキーワードで検索をしたのかなど、ありとあらゆる情報を解析することが可能です。

チラシやテレビCMですと一方的に消費者に情報を与えるだけなので、このような事を知ることは困難でした。

このため、インターネットの活用により、効果的な広告方法について検証を行うことが容易となったのです。

クロスメディアは広告代理店や印刷会社などで、情報の表現形式、その中でも特にマーケティング戦略の上でとても有効な表現形式として活用されてきています。今後クロスメディアは広告面において、重要な手法へとなっていくことでしょう。

未来のスタンダード?クロスメディア活用の可能性

f:id:hitokoburakuda2012:20151218115238j:plain

クロスメディア」という言葉を聞いたことはありますか?

クロスメディアとは、ある一つの情報を、文字や音、あるいは電子文書など様々なメディア(表現媒体)を用いて表現することをいいます。

「マルチメディア」という言葉を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか?クロスメディア複数のメディアを用いて表現する事なら、マルチメディアと同じではないかと思われた方もいらっしゃるでしょう。

この2つはよく似てはいますが、クロスメディアは、様々な表現媒体を駆使してより一層効果的な伝達(つまり広報・宣伝等)を行うという積極的な意味合いを持っています。その点で置いて、マルチメディアと区別されているのです。よく「マルチメディアは加算的なメディア活用法であり、クロスメディアは乗算的なメディア活用方法である」と言われています。

ある一つの情報でも、複数の表現媒体(メディア)によって伝達することで、それぞれが持つ長所と短所を補い合い相乗効果を得られるようになるでしょう。

例えば赤い靴のチラシを作成する場合で考えてみましょう。まず、折り込み用チラシを作成します。そのチラシを作成する際に、Webサイトへ誘導するQRコードや、メールクーポンの案内などを記載しておきます。これにより、興味を持った人がチラシを見てインターネットにアクセスをするでしょう。

この流れが紙というメディアからインターネットというメディアへとつながるクロスメディア構造というわけです。たとえば、インターネット上で、クーポンを得るために、動画を閲覧する必要があるよう設定しておけば、その動画で赤い靴の実際の使用感などCMを流すことも可能で、映像へのクロスメディア構造へとつながります。

このような流れを作成することにより、通常の紙媒体だけでは表現しきれない実際の使用感や質感、様々な角度から赤い靴を確認することもできるなど、よりリアルな情報を消費者に伝えることができるようになるのです。

また、一時期はやった、テレビCMで不特定多数の人に宣伝を行う際に「続きはWebで!」などのフレーズもクロスメディア構造といえるでしょう。

テレビCMで興味を持った人がWebにアクセスし、その中から更に商品について興味を持つ人が一握り現れ、そこにWeb購入へのリンクなどを貼っておけば、その中の一部の人が商品を購入します。

紙媒体やテレビCMからインターネットサイトへ誘導することについての利点は、インターネットのサイトだと、アクセス解析が行いやすいということがあるのです。

いったいどこからこのサイトへ来たのか、このサイトから次はどこのサイトへ行ったのか、CM動画は何回再生されたのか、どのようなキーワードで検索をしたのかなど、ありとあらゆる情報を解析することが可能です。

チラシやテレビCMですと一方的に消費者に情報を与えるだけなので、このような事を知ることは困難でした。

このため、インターネットの活用により、効果的な広告方法について検証を行うことが容易となったのです。

クロスメディアは広告代理店や印刷会社などで、情報の表現形式、その中でも特にマーケティング戦略の上でとても有効な表現形式として活用されてきています。今後クロスメディアは広告面において、重要な手法へとなっていくことでしょう。

気を付けよう!Webコンテンツを印刷物にする際の注意点

f:id:hitokoburakuda2012:20151217130608j:plain

近年のメディアミックスにより、チラシをWebコンテンツにしたり、書籍を電子書籍にしたりと紙媒体をWeb上にて新たな形で表現することが多くなってきました。

では、逆にWebコンテンツを紙媒体へすることは可能なのでしょうか?

結論から言いますと、Webコンテンツを紙媒体へすることは可能です。しかし、Webコンテンツを紙媒体へと落とし込む際、気を付けなくてはならない点がいくつかあります。

今回の記事では、この注意する点についてご説明していきましょう。例として、最近はやりのブログを書籍化するという作業から特に注意すべき2点を見ていきます。

まず、最も重要な事は、そのブログの内容が著作権や肖像権など、あらゆる権利・法律を侵害していないかという点を確認することです。

たとえば、既存のキャラクターなどを使用していてはいけません。それは自分で模写して書いたとしてもダメですし、画像加工等のテンプレートとして提供されているキャラクター画像などでも使用はできません。

画像加工やメールの絵文字などで提供されているキャラクターの使用はあくまで個人的な使用に限られています。いくら有料で提供されていて、それを購入したからと言っても許可されている範囲以外の使用を行うと著作権侵害となり、最悪の場合、出版差し止め・賠償金の支払いなどといったことにもなりかねませんので注意しましょう。

また、写真などで人物が写っている場合は、肖像権を侵害する恐れがありますので、かならず写っている方に出版の許可を取りましょう。この時、口約束ではなく書面などで許可を明確化しておくと安心です。

また、引用文なども注意が必要です。これは、著名人であっても、一般人であっても、書籍であっても、他のブログやSNSからであっても注意しましょう。引用文として許可されるにはルールがありますのでこのルールが守られていることが重要です。

つまり、無料で閲覧できるブログだとある程度黙認されていたことが、書籍として販売し利益を得られるようになる際には厳しく線引きされることがとても多いのです。

ブログを書籍化する際に、出版社等の編集人が携わる場合は、このような著作権・肖像権の問題はクリアになる事が多いですが、自費出版などでブログの書籍化を行う場合、このような確認がおろそかになっていると、せっかくの出版が台無しになってしまいますので気を付けましょう。

次に、画像を使用している場合、解像度を確認しましょう。ブログなどのWebコンテンツで画像をアップロードする場合、出来るだけ容量を軽くする必要があります。通常、Webコンテンツで使用されている画像は72dpi~150dpi程度でしょう。

印刷に必要な画像解像度は350dpi以上と言われていますので、Webに掲載されている画像をそのまま使用することは困難といえます。Web用の画像のみしかない場合は描きなおしや写真の取り直し、最悪の場合は画像の掲載はなくなるなどのこともあり得るのです。

ブログの書籍化を意識する場合、使用する画像は解像度の高い元の画像を作成しておいて、Web用に容量を縮小して保存し直したものをブログで使用するといったことが望ましいといえます。

Webコンテンツを印刷する場合は、Webとはまた違った制限などがありますので、Webコンテンツ作成時点で印刷を意識してデータ・情報を作成する必要があるでしょう。